LCCの安さの秘密とは?気になる格安航空事情!

- LCCが席巻する格安旅行事情

LCCが席巻する格安旅行事情

厚いサービスを売りとしている航空会社の業界に、サービス内容を絞ることで低価格化を実現させた航空会社が次々と参入して波紋を呼んでいます。
この格安航空会社はどういう会社なのか、どうして安いのかをちょっと見てみましょう。

チケットが安く買えるLCCとは?

「LCC」とは「ローコストキャリア(=Low Cost Carrier=格安航空会社)」のことで、JALやANAと比べて圧倒的な低価格を提示しています。
「成田から沖縄までが1万円ちょっと」で済んでしまうほどの低価格が実現しているので、旅行費用を安く抑えたいニーズをがっちりつかんでいます。

安さの秘密は?

安いのはそれだけ飛行機がオンボロだとかまた操縦が荒いからではありません。
航空機を「単なる移動手段」とみなし、その上で従来の航空会社が行なってきたサービス内容を見直しているのです。

私たちが当たり前だと思っている機内食やドリンク、毛布、ヘッドフォンなどは全て経費がかかっており、チケットの価格に反映されています。
ここに切り込んで必ずしも必要でないものを思い切ってカットすることで、費用を安く抑えている訳です。
もちろんこれらが利用できないのではなく、利用したいと思ったらそれぞれにつき費用を支払うことになります。

運賃の変わり方

LCCは会社ごとに運賃の変動法を設定しています。
それは「空席連動型運賃」と「カウントダウン運賃」のどちらかで違いがありますが、いずれにしても問い合わせが早ければ早い程価格が安くなります。
しかしそのぶんキャンセルや変更については高額な手数料が設定してあるので、予定をしっかり確定させておく必要があります。

利用する上での注意点

会社それぞれにコストカットの努力はさまざまです。
ですからどういったサービスがあるのか、またはないのか、しっかり確認しておく必要があります。
旅行代理店があれこれ手配してくれると言うものではないので、全ての手配を自分で、そしてネットで行ないます。
ですから面倒に感じるという人は、ちょっと高くても旅行会社に任せて安心できた方がいいでしょう。

古参航空会社との価格競争

格安航空会社が人気だからといって、JALやANAといった古参航空会社が安易にサービスを大幅カットして格安路線に参入する、と言う訳にはいきません。
これら古参航空会社は、宿泊施設とのタイアップで宿泊とセットになっている「ホテルパック」で低価格を実現させており、LCCに拮抗するコストパフォーマンスを見せています。