航空券が安く買えるLCCとは?

- 航空券が安く買えるLCCとは?

航空券が安く買えるLCCとは?

大手航空会社の航空チケットはなかなかに高価な印象があり、気軽に旅行するためのハードルになっている印象があります。
今回はそれに対して格安で旅行するためのキーワード「LCC」について紹介します。

格安で航空チケットが買える

「ジェットスター」や「バニラエア」に代表される「LCC」とは、「ローコストキャリア(=Low Cost Carrier)」の略称で、簡単に言うと格安で航空チケットを販売する、安さをアピールポイントにしている航空会社の総称です。
普通の航空会社と比べ、コストカットに対する企業努力を重ねています。

どれくらい安いのか

「成田から沖縄まで」を例に挙げると、ANAでは1万円台から4万円台までの価格帯になっています。
これに対してLCCでは5千円台から3万円台という価格帯になっています。
往復でも1万円ちょっとで済んでしまうのは、大きなアピールポイントですね。
JALやANAなど大手航空会社は高級なイメージを維持したいこともあり、また重視しているサービス内容をなかなか削減できないなどいろいろな理由があり、価格のみでこうした企業に対抗するのが大変困難になってきています。

どうしてこんなに安いのか

普通の航空会社は航空機の運用を通して、いろいろなサービスを付加して顧客に快適さや便利さを感じてもらうビジネスモデルが前提になっています。
これら快適さや便利さにはそれなりの経費がかかるため、航空チケットの価格に反映されていきます。

いっぽうLCCは純粋な移動手段として航空機を運用しているため、過剰なサービスを削っていって合理化し、低価格を実現させています。
チケットの安さのためなら我慢できるサービスなら必要ないと考える顧客にとってはぴったりの航空会社と言えますね。

サービス内容の確認は必要

こうした格安な航空会社はそれぞれの企業努力を行なっていますから、普通の航空会社と比べてどんなサービスが無いのかなど、確認しておく必要があります。

  ← 前の記事:  
Copyright(C)2015 どうして安いの?LCCがお得な理由 All Rights Reserved.