「パック」が安くて便利

- 「パック」が安くて便利

「パック」が安くて便利

徹底した合理化でチケットが安く取れる、そんな新参のLCC(=格安航空会社)に対して、古参の航空会社も負けてはいません。
宿泊施設とのタイアップで往復のチケットから宿泊までをセットにして、費用の合計をお得にできるいわゆる「ホテルパック」を提唱しています。

目的に合わせたオリジナルパッケージを作ることが出来る

ホテルパックでは、往復の航空券、リゾートホテル、民宿など指定宿泊施設の宿泊を好きなように組み合わせて自分だけのパッケージを作ることができます。
通常の旅行ツアーでは旅行会社がチケットと宿泊施設を手配しますが、この手配という仕事を航空会社が行い、またやり取りをインターネットに限っていることでコストが下げられるという仕組です。

ホテルパックのメリット

ホテルパックを利用すると渡航費用が安くなりますが、宿泊がついているにもかかわらず普通にチケット買うよりも何千円も安くなるなど、かなりお得になっています。
また、帰る日程を宿泊するスケジュールとずらすことができます。
これにより飛行機で移動、ホテルで一泊、翌日実家で一泊して飛行機で帰る、といったプランを立てることが出来るため、里帰りに利用するユーザーが増えています。

「ダイナミックパッケージ」との違い

ダイナミックパッケージは、

  1. 予約をWEBに限定
  2. ホテル&航空機の組み合わせの自由度が高く
  3. その他交通機関やレンタカーなど必要なものは全て手配
  4. 3日前からでも申し込める(ホテルパックは1週間前まで)
  5. LCCも参入している

ということで近年人気を集めている旅行商品です。
旅行費用も安く抑えられるため、海外では旅行者のほぼ9割がダイナミックツアーを利用しているという情報もあります。
しかし日本では、ホテルパックと価格は拮抗しています。

ホテルパックの今後

LCCが参入しているダイナミックパッケージに価格やその他の付加価値でどれだけ対抗が出来るかが、古参航空会社の勝負となっていくことでしょう。

  ← 前の記事: